Share this post on:

8月6日 いつもの街を歩く

今日、8月6日は世界にとってとても大事な日だ。

1945年8月6日午前8時15分、広島県広島市の広島県産業奨励館の真上に原子爆弾が落とされた。
広島では毎年8月6日の朝に平和記念式典というものを行い、原爆投下時刻に死没者に黙祷を捧げる。

平和式典は昨年からコロナの影響で会場に入れるのは来賓の方と被爆者、被爆者遺族など限られた方々のみ。
なので今日の朝はパソコンで中継されてる様子を見ていた。

僕は広島出身でもないし、戦争について詳しく調べた事もない。
昔の記憶にあるのは、小学生の時に平和学習としてこの広島を訪れた事と、夏休みで祖父の家に泊まりに行っていた時にテレビ中継を見ながら黙祷をしたこと、黙祷中よくわからなくてこっそり目を開けた時に祖父の姿が視界に入った事、それぐらい。

大人になり広島に住むようになってから、広島出身の人とそれ以外の人では今日に対する認識や認知が根底から全然違うことに気づく。
県外から来ている人に関しては黙祷の時間があることを知らない人もいるし、8月6日と言われてもピンとこない人すらもいる。
広島で生まれるということは、(大げさかそうでないのかそれは本人達の知るところではあるが)原爆や核保有などについて考える使命のようなものがあると思わされた。

式典が終わり、平和公園周辺も落ち着くかなという頃に家を出る。

今日は日差しがとても強い夏日。

原爆投下の日、広島が選ばれたのは快晴だったからという理由もあるらしい。

平和公園に辿り着き、慰霊碑参拝を行う。
平日のお昼前なのもあってか、人はそこまで多くはない。
だが、慰霊碑に列を作り参拝する人は途切れることはなかった。

平和公園やその周囲にはいつもと違う空気が流れていた。
人が沢山集まり、そして同じことを願い考える空間は不思議な空気をまとうと思っている。
そんな空気と降り注ぐ強い日差しを浴びながら公園内を歩く。

歩きながら、原爆投下や戦争について既に歴史の中の事となっている感じがしていたが、実際はまだ76年しか経っていないんだな、と考える。
100年も200年も前のような遠い昔の話ではなく、「それ」を体験した人やその家族が同じ時間を生きている、それぐらい前の話なのだと考えると、今見える景色への感じ方も変わってくる。

今日歩いた道はいつもと変わった道を歩きはしなかった。
いつもの街をいつも通り歩く。
だが、人間は頭の中の考えを介して世界を見る。

いつもとは少し違うことを考えながら歩き、帰路に着く。

別に僕が今反戦や非核について論を興じたところで大した意味を持たないが、それでもこの時間この街に生きているのならそれを考えることは重要だとも思う。
重要なのは忘れないこと。
考えた末にそれが行動に変わり、そしてそれが意味を持つようになれば良いなと思っている。

原爆ドーム
X-Pro2 + XF18mm F2 R / ACROS
原爆の子の像
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R / ACROS
慰霊碑参拝客
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R / ACROS
学徒動員慰霊碑
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R / ACROS
原爆ドーム
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R / ACROS
ヒロシマの碑
X-Pro2 + XF35mm F1.4 R / ACROS
Avatar toshihiro

Author: toshihiro

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA