Share this post on:

X-Pro2ユーザーがX-Proシリーズを語る

カメラメーカーはいろいろあるが、世界で大きなシェアを得ているのは実は日本のカメラメーカーだ。
NIkon、Canon、Fujifilm、Panasonic、Olympus、Sony、Pentax
これらおそらく何となくでも聞いた事があるカメラメーカーだと思うが、これらは全て日本の会社。
生産は諸外国で行われているものが多いが、技術は日本の物なのである。
デジタル機器は海外が強いイメージではあるが、カメラ業界に関しては昔から日本から世界に送り出している。

ちなみに海外の現役メーカーで有名なのはLeica、Hasselbladなどだろう。
この二つは大衆機ではなくプロ用でハイクオリティのカメラを生産し続けている。(その分お高い)

そんな数あるカメラメーカーの中で僕がお世話になっているのはFujifilm。
もともとは老舗フィルムメーカーだったが、カメラ業界にも参入。
デジカメ業界では比較的遅咲き?だったが、APS-Cセンサーと中判センサーという「あえてフルサイズを作らない」という戦略が非常に上手なのと、フィルムメーカーとして蓄積された「色」の知識から成る画作りの良さから、最近ではプロアマ問わずフジユーザーが増えている。
ちなみにカメラ業界の他に医療業界にも参入していて、そちらの方で名前を聞く方もいるかと思う。(そちらはホールディングス経営の別会社だが)

フジフイルムの特徴は先ほども述べた通りAPS-Cセンサーか中判センサーか、というニーズに合わせて明確に棲み分けを行っているのと、画作りの良さ。
APS-Cはフルサイズに画質的にも劣り、サイズが小さく済むので入門機やコンパクト系のカメラなどに使われる、というのが一昔前までのイメージだった。
だがフジフイルムはそのセンサーサイズから成るカメラシステム自体の小型化、機動性に着目して「画質はレンズとセンサーの構造で補う」と振り切ってAPS-Cでミラーレスカメラのフラッグシップ機(プロ用機材)を発表する。

そうして生まれたのがX-Pro1というカメラと、XF35mm F1.4 r , XF18mm F2 r , XF60mm F2.4 r macroの3本のレンズ。
最初は「画質はいいけどハード面が…」という評価が多かったようで、しかし「APS-Cでここまでの画質が出るのか!」というインパクトを与えたのと、XF35mm F1.4 rはフジフイルムを代表するレンズとして「このレンズを使いたいからフジに変えた」という人が現れるという逸話を作るような名レンズを生み出す事が出来た。

そんな調子でフジフイルムの色やレンズに惹かれた人達のおかげで順調にカメラを発表していき、当初はなんだかんだと言われていたハード面も技術の蓄積により改善され、2021年3月のデータだとミラーレスカメラのシェアの内20%を獲得している。(1位はソニー。αシリーズ強し。)

と、ここまでフジフイルムの記事になっているのに気づいたので、話をタイトルの通りX-Proシリーズに持っていく。

僕が現在使用しているのはX-Pro2という、フジフイルムのフラッグシップ「X-Proシリーズ」の2番目のカメラ。
現在は最新のPro3も発売されている。
X-Proシリーズはフジフイルムを代表するシリーズで、それは単に「X-Pro1が初めてのフラッグシップだったから」というだけでなく、制作に関わる方々の言葉や情熱からも窺う事が出来る。

このカメラは決して万人受けするものではない。
「ファインダーを覗いて撮る」というスタイルにこだわった造り、基本ダイヤルでボタンが少ない操作系、単焦点レンズでバランスが取れるボディ、手振れ補正は無し、という便利さを追求する現代とはどちらかと言うと逆を行くスタイルをとっている。
咄嗟のシャッターチャンスを狙う人や、露出が難しい環境で撮る人など、ストリートスナップやドキュメンタリーなど、硬派な写真で実力が発揮されるカメラだと思う。

しかしこの万人受けしないカメラに、Pro1,2の外装に工場から「やめてくれ」と言われるような難しい塗装をほどこしたり、Pro3なら最近ではあまり使われないチタン外装を使用したり(しかも一つ一つ曲げ成型をしている)、ファインダーやシャッター/ISOダイヤルにかなり複雑な機構をほどこしたりなど、コストをかなり掛けて「Fujifilmといえば」を作り上げているのが窺える。

こういった情熱やこだわりに僕はめっぽう弱く、僕はこのProシリーズに惚れ込んでずっと使っている。
勿論、Proシリーズのスタイルが僕の写真の求めるスタイルにマッチしているから、というのも理由としてある。
カメラを毎日持ち歩いてスナップするにはProシリーズのサイズは打って付けだし、ストリートスナップやスナップポートレートを撮る際はカメラの存在感が出来るだけ無い方がいい。
レンジファインダースタイルのProシリーズは大柄で「いかにも」な一眼レフタイプより控えめな存在感を持つ。
だから僕はProシリーズを愛用し、今もX-Pro2を使っている。

ちなみに、最新のX-Pro3に何で変えないの?という話なのだが

勿論X-Pro3は素晴らしいと思う。
センサーは最新のX-TransCMOS4センサーでAF速度や暗所でのAF性能など性能もアップしているし、何よりHiddenLCDという「背面液晶を隠す」というますます尖った仕様になったX-Pro3は魅力的だ。
実際に使い始めたら惚れ込むのも間違いないと思う。

だが、少し残念な所もあり

これは実機を触って感じたのだが、
・ボディ天面の刻印がレーザープリントになっている(Pro1,2は掘り込み)
・ボディトップやファインダー接眼部のディテールが簡素化されている

などチタン外装になった事での仕方のない部分ではあるが、少し安っぽくなってしまっている部分もあるように感じる。

そして何より残念なのがファインダーがEVF重視になってしまい機構が簡素化されてしまった事だ。
Proシリーズの一番の特徴といえばファインダーにある。
ミラーレスカメラは普通センサーで作った画像をそのままファインダーの液晶に映す事が出来るのが特徴で、カメラでの画作りの設定が全て適応された状態の「完成した画」を見る事が出来る。
仕上がりをしっかり確認しながら撮る事が出来るのがミラーレスのいいところだ。
しかしProシリーズのファインダーは、レンジファインダー(OVF)とミラーレス(EVF)それぞれを切り替えて使う事が出来るというハイブリッド使用なのだ。

しかしフジフイルムがプロを含めた市場調査をしたところ、ユーザーの大半がEVFで使用している事がわかったそう。
そこでX-Pro3はEVF重視のファインダーに設計が向き、液晶パネルから有機ELに変更して低遅延かつ高い色再現を実現するという進化はしたものの、
・OVF時のファインダー倍率が固定になった
 →X-Pro2まではレンズの焦点距離に応じてファインダー倍率を2種類変更出来た。この変更により23mmまでしか広角は表示出来なくなり、18mmはOVFで使用できなくなった。
・EVFにした際にファインダーの前面が完全に閉じる形式になった(個人的にかっこ悪い)
 →X-Pro2はファインダーの奥のみが閉じる形式で、EVFにしてもファインダーの見た目はぱっと見で変わらない工夫がされていた。

といった変更があり、かなり趣向が凝らされていたファインダーが簡素化されたのが残念だった。
X-Pro2ではファインダーに「アドバンスト・ハイブリッドマルチビューファインダー」というとても長い名前がつけられ、機構へのこだわりも記事になったりしていたが、X-Pro3では特にその辺は細かく触れられておらず普通に「ハイブリッドファインダー」とされている。
製作陣の方でもファインダーに関してはいろいろ意見があったのかな〜と想像する。

といった感じで、主にファインダーの面でX-Pro2はやはり最高だなと思う気持ちが強く、しかも画的にもなんら問題ないのもあり未だに乗り換えないでいる。
ちなみに、同じような事を写真家の諏訪浩二さんもYouTubeにて話されている。(今の内にもう一台Pro2買おうかな、なんて事も仰っていた)

でも、なんだかんだ言って実際Pro3を買ったら気に入ってずっと使うんだろうな、とも思う。
ファインダー倍率が固定になってるけど、23mmを一番使いやすくした辺りさすがフジフイルムさんはOVFを使うユーザーがどんな人達かをよくわかっている、とも思ったし。

X-Pro2とは仕事も個展用の作品撮りも普段の思い出も全て一緒に作っている。
美しい世界に浮かぶブライトフレームで世界を切り取るのが楽しい。
おそらく今後もX-Proシリーズと共にいろいろなものを見ていくのであろう。

このシリーズへの愛はまだまだ止まらないので、たまにこうやって書いていこうと思う。
FujifilmのカメラやX-Proシリーズに興味のある人の参考になれば幸いだ。

X-Pro2 + XF18mm F2 R / Velvia
Avatar toshihiro

Author: toshihiro

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA